FC2ブログ
2020/07/30

湯めぐり雑感「品格の割烹“日富見家(ひふみや)”」

今回の湯めぐりは友と二人でしたが、その少し前に三人で湯めぐりした別の友から、宿に向かう日のお昼に食事をよばれました。
 場所は鳴子の湯宿に向かう途中の、JR陸羽東線の有備館駅と岩出山駅の中ほど、ここは伊達政宗公が僅か17歳で家督を相続し、血気盛んな24歳から仙台に移るまでの9年間を過ごした地です。
 待ち合わせの場所は、伊達家の学問所である旧・有備館の駐車場でしたが、月曜日はあいにくの休館日でやや時間を持て余してしまいました。

IMG_3163.jpg
IMG_3199.jpg
IMG_3202_202007281932388b9.jpg

その後友と合流し、何十年ぶりかに岩出山の市街地を歩きますが、見える世界は大きく変わり、変わらぬものはこちらの割烹、「不易流行」とはこんな世界のことでしょうか。

IMG_3178.jpg
IMG_3184.jpg
IMG_3181.jpg

一時間半ほどの会食でしたが、友から2,500円のコース料理と囁かれ「エッ!」、仙台市内ならば4,000~5,000円と言われても当たり前の世界です。
 そして帰りは、メイン通り側とは別の玄関口を出て更に心意気を感じますが、翌日の彼の電話が人それぞれに見る世界の違いでした。 「まだまだオイラは半分青いだネ~!!」

IMG_3191_2020072819324362d.jpg
IMG_3192_20200728193244092.jpg
IMG_3194_20200728193245f0f.jpg

玄関正面に掲げられていた書「木鶏」、残念ながら写真は撮りませんでしたが、友からその意味を聞き、改めて料理人である店主の心意気を思い知らされました。

【今日のウンチク、“木鶏(もっけい)とは”】

中国の古典「荘子」に「木鶏」という話があります。一日一言の安岡正篤先生が講和の中で紹介しています。
 紀省子という人が、闘鶏の好きな王のために、軍鶏を養って調教訓練をしていました。
 十日ほどたったころ、王が“もうよいか”と聞きましたところ、紀省子は“いやまだいけません。空威張りして「俺が、俺が」というところがあります”と答えました。
 さらに十日たって聞きますと、“まだだめです。相手の姿を見たり声を聞いたりすると、興奮します”。
 また十日ほどたって聞きますと、“まだだめです。相手を見ると、睨みつけて、圧倒しようとするところがあります”。
 こうしてさらに十日たち、また王が聞きますと、初めて“まあ、どうにかよろしいでしょう。他の鶏の声がしても、少しも平生と変わるところがありません。その姿はまるで木彫りの鶏のように微動もしません。全く徳が充実しました。もうどんな鶏を連れてきても、これに応戦するものはなく、姿を見ただけで、逃げてしまうでしょう”といいました。
 これがいわゆる“荘子の木鶏”で、その鶏は非常に強く、敵がいてもいなくても、眼中にない態度でした。
 そして相手の鶏は、戦う前にすくんでしまって、その“木鶏”は百戦百勝だったそうです。 

昨日の湯宿、そして今日の割烹、世の中はコロナ騒動で、中にはどさくさ紛れに便乗する者まで現れますが、渡辺謙が演じた伊達政宗の幼少期の言葉「梵天丸もかくありたい」でした。 
2020/07/29

湯めぐり雑感「品格の湯宿“鳴子ホテル”」(1)

今回の湯めぐりは、友が知らせてくれた宮城県民限定の温泉支援キャンペーンで、数ある湯宿の中から鳴子温泉の「鳴子ホテル」を選びました。
 こちらは湯使いが素晴らしい事でファンが多く、通常は15,000~20,000円程度の値段ですが、県から5,000円の補助が出て連休明けと言うこともあり7,500円、しかもコロナ騒動の渦中とは思わせないような従業員の対応に感服いたしました。

IMG_3249.jpg
IMG_3256.jpg
IMG_3263_202007281357250c5.jpg

さて、ロビーの片隅に並んでいた「鳴子こけし」を意識した訳ではありませんが、今回の浴室のターゲットは貸切大風呂「木華子(こけし)の湯」、2~5名使用で2,200円という初体験のゾーンです。 ちなみに、6名以上の場合は4,400円となります。

IMG_3212_edited-1.jpg
IMG_3214.jpg
IMG_3216.jpg
IMG_3222.jpg
IMG_3223.jpg
IMG_3227.jpg

何とも贅沢な「貸切風呂」が気になり、湯上り後にお聞きしてみると、男女別大浴場を日中交代で掃除をする際の、ピンチヒッターの浴室として使用するのだそうです。
「さすが本物は、やることが違います!!」 (納得)
2020/07/27

今日の野鳥「外来種ガビチョウの水浴び」ほか

青葉山の一大勢力の「外来種ガビチョウ」ですが、普段はあまり相手はしないものの、ご入浴となるとついついカメラを向けてしまいます。
 鳴き声同様、何ともダイナミックな水浴びで、こちらを気にすることも無く大胆でした。

IMG_1026.jpg
IMG_1029.jpg
IMG_1030_202007231138263da.jpg
IMG_1031_202007231138278b8.jpg
IMG_1033_20200723113828899.jpg
IMG_1035.jpg

水浴びをする場所を決めているのは、ご入浴後のブルブルも考えてのことでした。

IMG_1053_20200723113830ce2.jpg
IMG_1060_20200723113832cd2.jpg

さて、「グリコのおまけ」に同じ色合いの「オオルリ(大瑠璃)の♀」もご登場です。
  「何んや、この子が“グリコのおまけ”かいな!!」 
  「ちゃうちゃう、アンタの方が“刺身のつま”なんどす~!!」 「ムムッ!!」

IMG_0951.jpg

2020/07/26

今季の野鳥「カイツブリ(鳰)のおチビたち」

「カンムリカイツブリ」に比べれば、あまりにも平凡な「カイツブリ(鳰)」ですが、ここ大沼では逆に希少種です。
 カンムリさんが三組も子育てをしているのに、この日までカイツブリの子の姿を見ることは無く、この日やっとヨシ原の奥にその姿を見つけました。

IMG_2240_edited-2.jpg

待つこと14~5分、やっと親鳥の移動を追いかけ、ご家族全員が動き始めました。

IMG_2342.jpg
IMG_2344.jpg
IMG_2401_20200722202652405.jpg
IMG_2427.jpg
IMG_2482.jpg

それにしても子たちは大きく成長し、ここまでくれば親鳥たちも余裕のようです。

IMG_2504.jpg
IMG_2558.jpg
IMG_2584_20200722202659869.jpg
IMG_2588_20200722202701e06.jpg
2020/07/25

恋は水色「ミドリシジミ(緑小灰蝶)♂」

この日の公園のターゲットは、お二人のブログで見た「ミドリシジミ」でしたが、地元の主さんたちはいつも優しく、「水色のアマガエル」まで撮らせてもらいました。
 そちらは昨日の記事ですが、今日は本命の「ミドリシジミ(緑小灰蝶)♂」の話に戻します。
 ご覧のとおり、♂の翅の表面は緑色又は青色に輝く美しいシジミチョウで、♀の翅は全体的に黒地で、中程に青い紋のあるもの、赤い紋のあるもの、紋のないものなど個体変異があります。

IMG_1637.jpg
IMG_1638_20200721141321234.jpg
IMG_1640_20200721141322f0d.jpg
IMG_1642.jpg
IMG_1645_20200721141326159.jpg
IMG_1648.jpg
IMG_1652.jpg

その後も撮影のチャンスはあるのですが、ハンノキに止まる個体はすべて目線より上、これでは何度開いてくれても全身が撮れません。
 でも、上空を舞う♀には、チャンと!自己アピールをしてるのでしょうね。

IMG_1712_20200721141331c19.jpg
IMG_1769.jpg

水色アマガエルからの一言 「オイラが代わりに、たくさん付き合ってやったやん!!」
「そうなんだけど、このメタリックな色合いが好きでネ~!!」 「んっ(?)、むっ!!」

IMG_1808.jpg
2020/07/24

水色の雨「二ホンアマガエル(日本雨蛙)」

この日の公園のターゲットは、お二人のブログで見た「ミドリシジミ」でしたが、地元の主さんたちはいつも優しく、「水色のアマガエル」まで撮らせてもらいました。
 まずは最初の二枚で、珍しい色合いとオーソドックスな「二ホンアマガエル(日本雨蛙)」を比較してご覧ください。
 どちらも同じ種で、鼻筋から目、耳にかけて褐色の太い帯が通っており、顔も体全体もすべて緑色の「シュレーゲルアオガエル」とは異なります。

IMG_1868.jpg
IMG_1613_2020072022165797f.jpg

さて、ここからは「水色の二ホンアマガエル(日本雨蛙)」をじっくりとご覧ください。

IMG_1807_20200720221658a6d.jpg
IMG_1808.jpg

IMG_1914.jpg
IMG_1920.jpg

IMG_1945_2020072022170394e.jpg
IMG_1949_20200720221705f38.jpg

【折角ですので、久々に「日本昔ばなし」のアマガエルさんにもお付き合いいただきましょう】

むかしむかしある所にアマガエルの親子がすんでいた。 しかし子ガエルは大変へそ曲がりで、親ガエルの言いつけと反対のことばかりやっていた。
 いよいよ親ガエルが死ぬという時に、親ガエルは(墓が流されないように、山の上に墓を作ってもらいたい。しかしこいつは言いつけと反対のことをするから…)と考え、「墓は川のそばに建ててくれ」と言い残して死んだ。
 ところが子ガエルはこの時になって反省し、「遺言は守らなければならん」と本当に川のそばに建ててしまった。 そのため雨が降りそうになると「親の墓が流される」と泣くんだそうな。
2020/07/23

「仙台市野草園のやまゆり観察会」

お天気の良かった日曜日は、広瀬川河畔の散策後、久々に少し足を延ばして「仙台市野草園」を覗いてみました。
 園内はいたるところ「ヤマユリ(山百合)」が咲き乱れ、一部萎れかけた花もありましたが、この23・24両日は「やまゆり観察会」も行われるようです。

IMG_3084.jpg
IMG_3088.jpg
IMG_3104.jpg
IMG_3120_20200719205009228.jpg

園内は多くの人で賑わっており、長雨で足止めされていた人々の気持ちが良く分かります。

IMG_3109.jpg
IMG_3114.jpg
IMG_3122.jpg
IMG_3129.jpg

高山区の片隅には、大好きな「ユウスゲ(夕菅)」も咲いておりましたが、この花は名前の通り夕方に花開き、翌日の午前中にしぼみますので、ぎりぎりセーフといった閉じ具合でした。

IMG_3098.jpg