FC2ブログ
2015/11/23

冬近し「カンムリカイツブリの冬羽」





大沼で子育てをしていた「カンムリカイツブリ(冠鳰)」ですが、今見られる子
たちは若鳥のようで、親鳥の姿は見なくなりました。
 代わりにそこから車で10分程の、蒲生干潟の旧・養魚場跡では、成鳥の
冬羽の子が2~3羽確認できます。

「ライオンのようなタテガミ」は消えて、襟元にかすかに痕跡が残る程度で、
色白の子たちに変身です。

でもでも、子育てを終えた後も、この子たちは仲良しなんですよね~!!
ジェラシーを感じますが、子育て時代の夏羽を比較のため一枚添付します。

コメント

非公開コメント