FC2ブログ
2016/01/20

今日の名湯「鎌先温泉“湯主 一條”」










こちらは南蔵王山麓の谷あいに涌く閑静な温泉地で、新年初の湯宿は
「鎌先温泉“湯主 一條”」となりました。
 温泉の発見は生長元年(1428)、草刈りをしていた里人が鎌の先で
偶然掘り当てたことがこの名の由来だそうです。
 ご覧のとおりの雪景色で、超大型低気圧の中での湯浴みとなりますが、
今年の湯めぐりを象徴しているのかな(?)

  1、 玄関前から、帳場と調理場のある本館を眺めます

  2、 新館の玄関を入ると、そこは暖かい別世界!!

  3、 木造一部四階建ての本館個室料亭は歴史建造物

  4、 まずは一階薬湯「鎌先の湯」でゆっくり体を温め、

  5.6、 露天付き大浴場「洞窟の湯」に移動します

  7.8、 翌朝は雪も止み、太陽も顔を出しました

  9、 帰る際に振り返った、雪こんもりの温泉街でした

湯宿の建物の構造は、雪の無い3年前の掲載記事もご覧いただければと。
http://rdsig.yahoo.co.jp/blog/article/titlelink/RV=1/RU=aHR0cDovL2Jsb2dzLnlhaG9vLmNvLmpwL2hpdG91bmltZWd1bWFyZS8zMDQyODcxMS5odG1s

コメント

非公開コメント