FC2ブログ
2016/02/21

今季の冬鳥「トラフズク(虎斑木菟)」





今月14日は、日曜特番として広瀬川河畔に出来た「ふくろうカフェ」を
ご紹介しましたが、今回は正真正銘野生の子です。
 撮影場所は伏せさせていただきますが、大勢のギャラリー達がつめ
かけており、最初に見たのがオレンジ色の目をしたこちらの子でした。

【「トラフズク(虎斑木菟)」の特徴】
全長35~40cm、体は灰色で上面は黒、褐色、白の複雑な斑紋があ
り、下面は褐色縦斑とそれに交わる細い横斑があります。
 その名は体の模様が虎斑(とらふ)になっていることに由来しますが、
コミミズクの小耳よりやや大ぶりなのも特徴の一つです。

同じ場所にフクロウ2種、この子も少しだけ圧縮を緩めてみました!!
 尚、この子に会うのは実に8年ぶり、東京から仙台に戻る際、鳥撮り
仲間にお餞別としていただいた情報、川崎市の公園以来のことでした。

コメント

非公開コメント