FC2ブログ
2016/04/16

花と蝶「ウスバサイシンの花」








今日は久々の「グリコのおまけ」ですが、書庫は「花と蝶シリーズ」の
「ウスバサイシンの花」としました。
 前回、「カタクリとヒメギフチョウ」を掲載した際、わが町の花園には
ヒメギフチョウなど見たことが無い、という読者へのお返事です。

さて、最近の自然保護活動に、「ホタルの里復活」などもありますが、
そこにはホタルの寝床である草の生い茂った小川と、幼虫の食料と
なる淡水の巻貝(カワニナ)の生息が必須です。
 ヒメギフチョウも同様で、カタクリの野原に一緒に生えている幼虫の
食草、「ウスバサイシン」が無ければ命の循環は成り立ちません。
(親の僅かな期間の蜜より、子の食事期間が遥かに長いんです!)

   1.2、 ウスバサイシンの葉と控えめな花
       (カタクリとほぼ同じ大きさ、花は根元に隠れています)

   3、   これは日向ぼっこで小休止かな

   4.5、 葉の裏側には、今年も小さな命が

   6.7、 友情出演の「ヒメギフチョウ」たち

 今、仙台市近郊の里山もカタクリの季節を終え、葉の裏側を覗いて
みると、そこには今年も、小さな命が生みつけられておりました。

コメント

非公開コメント