FC2ブログ
2016/06/09

花と蝶「トベラとアオスジアゲハ」








仙台市野草園は四季折々の花々を身近に楽しませてくれますが、
今はニッコウキスゲは萎れ、ヒメサユリのピンク色が鮮やかです。
 海岸エリアには、大きな「トベラ(海桐)」の木がありますが、この
日は「アオスジアゲハ(青条揚羽)」が5~6頭集まっていました。

【「トベラ(海桐)」、別名:扉乃木の解説】
東北地方の南部以南、暖地の海岸に自生する常緑低木で、花期
は6月上旬から下旬です。
 和名は扉木の転化したもので、樹木全体に異臭があり、節分に
イワシの頭などとともに、扉に刺して魔除けにしたことからこの名
が付きました。
 低くて密な群集を形成するほか、潮風や乾燥に強くつやのある
葉を密生させるため、観賞用や街路樹などに栽培されています。

コメント

非公開コメント