FC2ブログ
2016/07/13

オタクの宿選び「函館元町ホテル“屯所の湯”」








一呼吸おいて、北海道の旅も終盤になりますが、三日目のお宿は元町に
程近い、弥生坂の角にある「函館元町ホテル“屯所の湯”」です。
 素泊まり5,800円のこのお宿を選んだ理由は、まずは歴史建造物群
に近いこと、そして「新選組の屯所」称名寺の跡地であることでした。
 お宿の風呂は天然温泉ではありませんが、大浴場はブラックシリカを沈
めた「屯所の湯」、観光地のホテルとしては申し分ありません。
 最後の一枚は、翌日早朝散歩の帰りに見たホテルの全景ですが、丁寧
にも自販機にまで土方歳三がプリントされていました。

【観光客慣れしているホテルの活用術】
このホテルの良さは、庶民的な観光客に対する接客が長けていること!!
 夕食はホテルにあったチラシを持参し、金森赤レンガ倉庫のビヤホール
が10%引き、フロントマンと温泉談義をすると、翌日訪れる方面の温泉の
無料回数券、我々にとって最高のおもてなしでした。

 我々の前にフロントで長話をしていた若者三人組、「何も分からない!!、
分からない!!」ではなく、どんな情報が欲しいのかをちゃんと伝えないと。

コメント

非公開コメント