FC2ブログ
2016/09/19

湯めぐり雑感「旅のお供といえば」








「旅のお供」といえば人それぞれの好みでしょうが、「呑兵衛オヤジ」に
は美食といえば美酒、しかも地元のお酒が一番かも知れません。
 北海道では「男山」や「国士無双」が有名ですが、当時一番のお酒は
「増毛の國稀(ましけのくにまれ)」で、魚介類にピッタリの辛口でした。
 今回の鳴子の旅では、途中が岩出山でしたので、地元の酒蔵「森泉」
に立ち寄り、地元ならではの生原酒を二本調達です。

   1~4、 歴史ある酒蔵に誘われ

   5、 温泉街のお祭りにうかれ

   6、 湯宿の「うなぎ湯」に溺れ

   7、 寝酒の「しぼったまんま」にほろ酔いの一日でした

このお酒、しぼりたての生原酒をそのままビン詰めにした、酵母・酵素
が生きているササニシキの本醸造で、一本は自宅にお持ち帰りでした。

コメント

非公開コメント