FC2ブログ
2016/09/22

秋来る「ノビタキ(野鶲)の冬羽」







台風一過、昨日訪れた「大沼」での本命は、この子ではないのですが、
沼のヨシ原に小さな5~6羽の群れを見つけます。
 その後、合流した鳥撮りのお仲間に教えられた近くの田んぼでは、
楽しいシーンを見せてくれました。

【「ノビタキ(野鶲)」の特徴】
全長13cm、スズメよりやや小ぶりな子で、夏のオスは黒色の頭部と
上面、橙色の胸や、肩の白斑が個性的です。
 メスは黄褐色で縦斑の上面ですが、オスの冬羽はメスに似ており、
私のレベルでは識別不能です。
 夏鳥として本州中部以北の草原に飛来しますが、秋には本州以南の
平地の畑や草原でも見られます。

コメント

非公開コメント