FC2ブログ
2016/09/24

今日の鳥識「エクリプスの巫女さん」







「エクリプス(eclipse)」とは、「日食」や「月食」または「暗黒期」、天体
が隠れる様を意味する英語です。
 元々は、ギリシャ語で「力を失う」ことを意味する言葉で、ラテン語
を経て、英語に取り込まれたようです。
 さて、今日の話題は「ミコアイサ(巫女秋沙)」、ここ大沼には翼を
傷めて北へ帰れないオスが一羽いました。

【鳥類用語「カモ族のエクリプス(eclipse)とは」】
繁殖が終わる夏の初めには、他の鳥と同様カモ類も換羽しますが、
このときオスはメスと同様の地味な羽色に変わり、これをエクリプス
(eclipse)と呼びます。
 この換羽のときには、他の多くの鳥と異なり翼の羽毛まで一度に
生え変わるようで、換羽は早く済みますが一時飛べない期間もある
ようです。

今日ご覧いただいている子は、当時巫女さんのように真っ白だった
オスで、定点観察をしていないと、もう気の早い女の子が到着かと
勘違いしますよね。

初めてこの鳥を見られる方のため、この子の雌雄の違いを、以前の
記事で比較いただければと思います。
http://rdsig.yahoo.co.jp/blog/article/titlelink/RV=1/RU=aHR0cDovL2Jsb2dzLnlhaG9vLmNvLmpwL2hpdG91bmltZWd1bWFyZS8zNTc1ODI3OS5odG1s

コメント

非公開コメント