FC2ブログ
2018/12/15

今季の冬鳥「トモエガモ(巴鴨)」











昨日はちょっと一休みでしたが、第4弾は緑色の子「トモエガモ(巴鴨)」です。
 この日は朝から小雨が降り、10時過ぎに雨が上がると、ハシビロガモの
食事風景が見られはじめ、お休み中のこの子もやっと顔を上げました。
 でも、この講釈はほとんど眉唾で、その頃沼を訪れた鳥撮り仲間が見つけ、
なんとか所在を教えてもらったお陰です。  「感謝!!感謝!!」

【「トモエガモ(巴鴨)」の特徴】
全長40cm、♂は頭の模様が特徴的で、胸と腰に白い縦縞があり、下尾筒
は黒色、♀は褐色で黒い斑紋があり、他の鳥に混じると判別不能です。
 冬鳥として全国に渡来しますが渡来数は少なく、北陸地方などでは比較的
多く見られるようです。

なお、♂の顔には黄白色と緑黒色の、巴形に似た斑紋があるので、この名が付いたようです!!

コメント

非公開コメント