FC2ブログ
2016/11/06

今日の名湯「岩倉温泉“岩倉温泉”」







さて、気を取り直して次の温泉地の紹介ですが、ここ岩倉温泉は花火で
知られる大曲から、国道105号線を由利本荘方面に向かい、国道から
左にそれて約5分ほどの山間にある一軒宿です。
 温泉の歴史は古く、ご先祖の残した記録では、正保4年(1647)には
温泉が湧出していたようで、370年の年月を経ております。
 佐竹藩の湯守りをしていたこと、江戸時代の紀行家である菅江真澄が
1820年代、このお宿に三ヶ月逗留していたこと、などの記録も残されて
いるそうです。

  1、一見ヒュッテ風の可愛らしいお宿
  2、すでに冬対策、雪囲いも万全です
  3、心落ち着く浴室の風景
  4、湯口は析出物で白竜になりました
  5、中庭も可愛らしい造りです
  6、入浴料400円の至福のひと時でした

【あえて秘湯の会のお宿を名湯とした訳】
客室7部屋ほどの小さなお宿ですが、58℃の源泉が毎分700ℓも湧出
しており、お湯を絞り込んで温度調節をしています。
 ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉のお湯は、今どき珍しい
飲める温泉で、カルシウムを摂取することでお通じにも効果大とのこと。

現在九代目のご主人の思いが、お宿の隅々にまで行き届いた、気持ち
の良い湯宿で、我々の心も再度リセット出来ました。

コメント

非公開コメント