FC2ブログ
2017/04/13

北国の春「ミソサザイの囀り」前編











今回、蔵王野鳥の森自然観察センター「ことりはうす」を訪れた目的は、
早春の囀りを聞かせてくれる、この「ミソサザイ(鷦鷯)」でした。
 蔵王連峰の雪解け水が噴き出す“ワサビ沢”に近づくと、昔懐かしい
囀りが沢筋に響き渡ります。
 沢を渡る急な階段を下りて、平らな地面に三脚をセットして間もなく、
突然目の前の木道に10.5cmのおチビが飛び出してきました。

【「ミソサザイ(鷦鷯)」の習性】
種子島以北に留鳥として分布し、主に山地から亜高山帯の渓流近くや
湿った凹凸の多い林床に暮らします。
 冬は低山の沢や崖地に移動し、街中公園でも見かけますが、囀りは
本来暮らす場所が最適のようです。
 茂みの中や、岩や倒木の間を素早く移動し、小さな昆虫やクモなど
を捕らえて食べますが、今回は巣作りに忙しそうでした。

 最後の一枚は、“ワサビ沢”の春の名物、葉ワサビの花ですが、後編
の二日目は、こんな自然の風景の中で撮れるでしょうか(?)
 

コメント

非公開コメント