FC2ブログ
2019/01/03

「祈りのパワースポット、石巻の釣石神社」





宮城県石巻市の北東部、新北上川の河口付近にある「釣石神社」には、
落ちそうで落ちない巨石が祀られております。
 祭神の天児屋根命(あめのこやねのみこと)は、知恵の神様、学業の
神様で、ご神体は、断崖に釣り上げられたように見える「釣石」が、男の
神様で周囲14m、下の巨石が女の神様で、およそ8m×4mあります。

この巨石は、1987年の宮城県沖地震でもビクともしなかったことから、
「落ちそうで落ちない受験の神様」として有名になりました。
 更に2011年の東日本大震災で、北上川河口に近い周辺の集落は
津波にさらわれ、この神社も社務所や鳥居、飾ってあった絵馬などが
流されたものの、巨石が落ちることはありませんでした。

境内から、日本の音100選の北上川河口のヨシ原が見渡せることから、
毎年12月中旬には「ヨシ門松」と「葦の輪」が飾られます。
 これには、参拝者がこれをくぐり抜けることで「けがれを祓い身を清め」、
祈願が成就して「良い年」になるように、という願いが込められています。
  (「葦の輪」を受験生がくぐると、「ヨシ合格」となるとか!!)

なお興味のある方は、2枚目は拡大できますので、是非ご覧ください!!

コメント

非公開コメント