FC2ブログ
2017/04/21

今季の夏鳥「コムクドリ(小椋鳥)」











プチ湯治に出かける朝は快晴、スタート前に広瀬川河畔の散歩ですが、
土手の桜も満開となりました。
 そんな中で出会ったのが、お顔の白いムクドリ、「コムクドリ(小椋鳥)」
久々のご登場でした。
 それにしても激しく動き回るペアで、見つけるのは容易でしたが、最後
の一枚がやっと撮れたメスです。

【「コムクドリ(小椋鳥)」の習性】
夏鳥として本州中部以北に渡来し、本州中部では山地の、本州北部や
北海道では平地から山地の明るい林に暮らします。
 昆虫やクモなどのほか、木の実などを食べ、営巣には樹洞やキツツキ
の古巣を利用しますが、人家や巣箱に営巣することもあります。

嫌われ者のムクドリに比べて数が少なく、小さな体や愛らしい姿形で得
をしている子なんです。

コメント

非公開コメント