FC2ブログ
2017/04/22

今日の野鳥「オオジュリンは冬羽」









プチ湯治に出かける朝は快晴、スタート前に広瀬川河畔の散歩ですが、
土手の桜も満開となりました。
 実は、一番最初に出会ったのが、この「オオジュリン(大寿林)」でした
が、地味な子はついつい後回しになってしまいます。
 夏のオスは黒い頭部とのど、白い頬線と後頸が特徴ですが、三羽の
小集団はすべてこんな色合いでした。

【「オオジュリン(大寿林)」の習性】
北海道と青森県や秋田県では繁殖しているようですが、平地の湿地に
暮らし、アシ原など背丈の高い草原を好みます。
 冬は暖地に移動し小集団でくらしますが、アシの茎などに縦にとまり、
茎の間を移動してガの幼虫などの昆虫を食べます。

冬のチュリーンという鳴き声が、名前の由来と言われているそうです。
今日はこれから出かけるので、コメント欄は閉じさせていただきました。

コメント

非公開コメント