FC2ブログ
2017/06/25

今日の鳥識「キジ(雉)の母衣打ち」










「母衣打ち(ホロ打ち)」は保呂打ちとも書き、キジやヤマドリなどが
翼を激しく羽ばたかせ、音を立てることを言います。
それと同時に、何故か悲しげな鳴き声を発するんですよネ~!!

【1~6、キジおやじの独り言】
  「彼女もおらんし、もう鳥なんかやってらんね~!!」
  「くそ~!!、もう自暴自棄や!」 「ワォ~ン!!」

【7~9、ヒバリの優しい慰め】
  「いえいえ、カッコイイやん!!」 「んっ(?)」
  「もうちょっと待ってみぃ」 「必ず彼女が出来るって」

【言葉遊び、「けんもほろろ」の謂れ】
「けん」「ほろろ」はキジ(雉)の鳴き声や羽音で、頼みや相談などを、
冷淡に断るさま、とりつくしまもないさま、を表します。
事例を挙げれば「けんもほろろの対応」、「けんもほろろに断る」など。

(心優しいヒバリ) 「徘徊オヤジ!、それ身もふたもない話やんか」
            「けんもほろろに断られる、みたいや~ん!!」

コメント

非公開コメント