FC2ブログ
2017/09/06

花と蝶「チトニアとツマグロヒョウモン」





広瀬川の散策では、愛宕橋を渡って間もなく、堤防の傍に花壇のキレイ
なお宅がありますが、この日は珍しい蝶が飛んでいました。

【「ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋)」の特徴】
成虫の前翅長は38~48mmで、翅の模様は雌雄でかなり異なります。
 写真の子はオス、翅の表側はヒョウモンチョウ類に典型的な豹柄です
が、後翅の外縁が黒く縁取られています。

出来ればメスにも会いたかったですが、そちらは前翅の先端部表面が
黒(黒紫)色地で白い帯が横断し、ほぼ全面に黒色の斑点が散ります。

なお、花の種類が「チトニア」と教わった昨年の記事はこちらです!!
https://rdsig.yahoo.co.jp/blog/article/titlelink/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9ibG9ncy55YWhvby5jby5qcC9oaXRvdW5pbWVndW1hcmUvMzYzOTA4OTMuaHRtbA--

コメント

非公開コメント