FC2ブログ
2019/01/17

今季の冬鳥「キクイタダキ(菊頂)」






いつもは亜高山帯の針葉樹林で暮らしますが、冬は低山や公園の針葉樹林に
移動し、平地でも見られるのが「キクイタダキ(菊頂)」です。
 全長10cmと日本で最も小さく、体重は6グラムしかありません。
簡単に比較すると一円玉が6枚、百円玉なら1~2割重くしたのがこの子です。

【凄腕のリス博士は鳥撮りも凄かった!!】
この日のリス博士たちは、私の近くにいて当然リス狙いですが、私がシャッター
を押し続けると、途中からこの子狙いになりました。
 後で、その方の撮られた画像を見せられショックを受けます。
そこには「空中への飛び出しシーン」 「翼を広げての飛翔シーン」、どうすれば
そんなステキな写真が撮れるのでしょうか。

今日は病院の検査日、尻尾を巻いて逃げるわけではありませんが、コメント欄
は閉じさせていただき、空きっ腹を抱えて行ってまいります。

コメント

非公開コメント