FC2ブログ
2017/09/22

今日の旅鳥「ツルシギ(鶴鴫)」








水鳥たちの子育てで賑わっていた大沼も、田んぼの稲穂が頭をたれる
頃には、ため池としての仕事が一段落します。
 揚水ポンプからの水の供給が止まると一気に水位が下がり、中央部
の島の面積が増え、水辺の鳥たちの姿もずいぶん少なくなりました。
 そんな風景の中に、赤い美脚の「ツルシギ(鶴鴫)」を見つけますが、
この子は水位が下がるのが狙いだったようです。

【「ツルシギ(鶴鴫)」の習性】
全長32.5cm、旅鳥として全国に渡来し、主に内陸の水田や湿地で
見かけることの多い子です。
 水中を歩いて、水生昆虫やオタマジャクシ等を捕らえますが、ここに
飛来した理由は、酸欠状態で岸に打ち上げられる小魚でした。

水辺が波打っていますがここは沼、強風のお陰で動きが出ましたね!!

コメント

非公開コメント