FC2ブログ
2017/10/26

花と蝶「コセンダングサとウラナミシジミ」







台風一過の三神峯公園では、先にリスを登場させましたが、野鳥では
ジョウビタキ、そしてコセンダングサに「ウラナミシジミ」が先でした。
 シジミチョウはなかなか翅を広げてくれませんが、この子たちは花に
止まるとすぐ翅を広げ吸蜜に夢中です。

【「ウラナミシジミ(裏波小灰蝶)」の特徴】
成虫の前翅長は15mm~20mmほどのシジミチョウで、日本では秋
に北海道南部以南の各地で見られます。 翅の裏には薄い褐色と白
の縞模様があり、和名はここに由来します。
 翅の表は、光沢のある青色に黒褐色の縁取りがあり、オスの青色部
が広いのに対し、メスは青色部が少なく黒褐色が多くを占めます。

コメント

非公開コメント