FC2ブログ
2019/03/04

思い出画像「ササゴイの疑似餌釣り」





ブログ記事の断捨離を進めて三日目、ただ投稿記事を削除してゆくのも億劫で、
今は見られなくなった風景や野鳥の姿をご紹介するコーナーです。
 ここは広瀬川河畔の中州で、今では堆積土砂も樹木も削り取られ、オオタカや
キツツキ類も立ち寄らなくなりました。


【2010年8月投稿、「ササゴイの疑似餌釣り」】
今朝は雨ですが、昨日の朝はギリギリのお散歩日和!!
 ただし、広瀬川の異常渇水はおさまらず、相変わらず一部川底が見えるという、
何とも寂しい風景が続いております。
 愛宕堰・郡山堰ともに魚道以外に水の流れが無く、最近は大小のサギたちが、
魚を狙う姿も無くなりました。
 でも、帰り道で中州に差し掛かると、何とも面白い光景に出くわしました!!

【広瀬川河畔の疑似餌釣り】
「この子(ササゴイ)は何をやっているんだろう!?」、それが最初の印象でした。
 でも、良~く!見ていると、流れてくる花弁を嘴に咥え、水面に落とした花弁を
ジッと眺めております。 そして間もなく花弁に波紋が広がります。
 凄い技です!“疑似餌釣り”をしていたんですよね。
20~30分眺めておりましたが、一度はちゃんと成功して小魚ゲットでした。

【水前寺公園の疑似餌釣り】
だいぶ以前の話になりますが、TVニュースで熊本・水前寺公園の「ササゴイ」も、
葉っぱを咥えて水面に落とし、小魚を捕らえておりました。
 九州と東北で場所は遠く離れておりますが、やることはまったく同じで、何とも
ユーモラスで愛らしい行動ですね。


過去の二つの記事を一つにすることで、投稿記事はマイナス1になりました!!

コメント

非公開コメント