fc2ブログ
2022/07/07

鳴子御殿湯駅を通過する「TREIN SUITE 四季島」

この日は、鳴子温泉の常宿「東多賀の湯」にプチ湯治でしたが、お宿の女将から「湯けむりマルシェ開催」と「四季島停車中」の情報をもらいました。
 「湯けむりマルシェ」は毎週木曜日開催されていますが、「TREIN SUITE 四季島」は滅多に会えるものではなく、早速ベストポジションを確保すべく「にわか撮り鉄」に変身です。

IMG_6698_20220630213921085.jpg
IMG_6700_20220630213922f3d.jpg
IMG_6702.jpg
IMG_6713.jpg
IMG_6720.jpg

種明かしになりますが、実は鳴子温泉駅の風景では車両全体が長すぎるので、先頭車両も後尾車両もその顔を捉えることが出来ません。

IMG_6654_2022063021392862b.jpg
IMG_6660.jpg
IMG_6665.jpg

仕方がないので、「湯けむりマルシェ」はほどほどにして、お隣りの「鳴子御殿湯駅」に撮影場所を移動した次第です。

IMG_6678.jpg
IMG_6682.jpg
IMG_6681_202206302139348a5.jpg

【JR東日本「TREIN SUITE 四季島」について】
私にはご縁のないJR東日本の高級寝台列車でこの日は6月30日、6月27日に上野駅を出発した3泊4日の旅で、最終日に鳴子温泉駅に停車していました。
 上野から函館・札幌へ、そこから白老・登別と回り、青森から上野に戻る旅程のようですが、二名一室で一人100万円、一名一室では150万円、興味のある方はどうぞネット検索を!!

コメント

非公開コメント

No title

興味はありますが、とてもとても・・・寝台車と聞くと昔の一番安いのは天井に近いよじ登っていくようなベッドを思い出してしまいますが、高級は九州だけでなく、こちらにもあったのですね。私は写真を見せて頂いただけで十分です。「日本一怖いトンネル」を抜けるのはまだできそうなので、じいを連れてたどってみたい気がします。初めてのことって、できたらいいなと思うだけでワクワクします。いつもいろいろなところを見せて頂いてありがとう

山家の桜さんへの返信

山家の桜さん、こんばんわ
ほんと、私にもまったく手の出ない世界です。
泊まっていたお宿は一泊二食一万円、県民割でその半額、二千円のクーポン券は飲み代という世界ですから!!