FC2ブログ
2018/01/10

今日の野鳥「イカルチドリ(斑鳩千鳥)」







広瀬川河畔で一年を通して見られる子が「イカルチドリ(斑鳩千鳥)」で、
比較的大きな川の河原の礫地に営巣します。
 全長21cmとコチドリよりやや大きく、くちばしの長いのが特徴です。
首に黒い輪状の部分があり、江戸時代には「くびたま」とも呼びました。
 この時代、小さなコチドリを「こじゅん」、それより大きいイカルチドリを
「おおじゅん」と呼び、それぞれを区別していたようです。

なお、この子は川の中上流域にいて、コチドリやシロチドリと住み分けを
しており、主に昆虫などを捕らえて食べています。

コメント

非公開コメント