FC2ブログ
2018/01/18

今季の冬鳥「ハジロカイツブリ(羽白鳰)」









亘理の海の最後は、「ハジロカイツブリ(羽白鳰)」の大きな群れでした。
 テトラポット探索を終え、漁港のふれあい市場で食事とお土産をと
思い漁港脇に車を止めると、目の前に黒い塊が浮遊しています。
 急ぎ態勢を整え、見たままの世界が1から4で、5と6は表情を捉え
るために、少々トリミングしています。
 でも、3~40羽はいるであろう子たちが、一斉に潜水をしたり、水中
から飛び出してくる姿は鳥好きにはたまりません。

【「ハジロカイツブリ」と「ミミカイツブリ」】
冬鳥として全国に渡来し、海岸や河口、入り江、河川などに住みます。
 ご覧のような数十羽の群れになることもあるようで、活発に潜水して、
魚などを捕らえて食べます。

よく似たミミカイツブリも、数少ない冬鳥として同じような環境に渡来し
ますが、最後のおまけのように単独又は少数行動が多いようです。
 冬羽では前頸が白く、頭部の黒褐色は目を通る線よりも上のため、
割とすっきりした顔立ちで、嘴がまっすぐなことで見分けられます。
(最後の8は、テトラポット群に浮かんでいたミミカイツブリでした!!)

コメント

非公開コメント