fc2ブログ
2021/10/16

3.11からの記憶「石巻市、雄勝町の風景」

前日見た新しい「登米懐古館」の、スレートと緑化ルーフの屋根、スレートを縦横に組み合わせた敷石の魅力に触発され、粘板岩の海岸と幾つかの漁村を越え、最後の寄り道は「雄勝硯(すずり)」の産地である雄勝町でした。

IMG_0430_20211013101042093.jpg
IMG_0439_202110131010442b5.jpg
IMG_0796.jpg
IMG_0802_20211013101047544.jpg

ここ雄勝町は、かつて「日本一美しい漁村」とも呼ばれましたが、東日本大震災で出来た巨大な垂直の防潮堤は、街の雰囲気を一変させてしまいました。
 当時は街だった雑草地を進むと、昨年5月に完成した雄勝硯(すずり)伝統産業会館と観光物産交流施設に着きますが、高台のため、ようやく両脇を山に囲まれた雄勝湾が見えてきました。

IMG_0829_202110131010486e4.jpg
IMG_0831.jpg
IMG_0832_202110131010512b8.jpg
IMG_0834.jpg

ここは、震災復旧復興では地域住民と行政側の、防潮堤に関する意見が大きく分かれた地域ですが、両脇の山側の一部はまだ工事中です。
 震災前4300人が暮していた町も、今は石巻市に併合されて住民は1000人以下、海岸に聞こえていた波の音も、そして浜辺を吹く海風も、巨大な壁でまったく感じなくなりました。

IMG_0841.jpg
IMG_0843.jpg

震災後、東京駅の屋根の吹き替えに使用される予定のプレート瓦が大量に発見され、無事活用されたのは当時の明るい話題でした。
 ここで、辰巳金吾と隈研吾を結びつけるのは無理がありますかネ~!!
イントネーションは似ているのですが、あまりにも唐突で、 「おそまつ!!」さまでした。

コメント

非公開コメント