fc2ブログ
2021/10/15

旅の終わりに「新しくなった“登米懐古館”」

宮城県登米市登米町は仙台藩登米伊達家の城下町として知られ、江戸時代から明治・大正・昭和に至る歴史的な建造物や伝統芸能などが数多く残されています。
 昭和36年に開館した「登米懐古館」は、令和元年9月に武家屋敷通りの一角に新築移転し、武具や刀剣など武家文化を伝える資料を展示しています。
 設計は隈研吾によるもので、登米市としては伝統芸能伝承館「森舞台」に続き2作目になりますが、古い町並みに溶け込むような「今風・武家屋敷」でしょうか!?

IMG_0430.jpg
IMG_0434.jpg
IMG_0437.jpg
IMG_0439_2021101009273714e.jpg
IMG_0441_20211010092738ba9.jpg
IMG_0446_20211010092740734.jpg

見学を終え表門を出るとそこは武家屋敷通り、昔々の雰囲気を残す落ち着いた街並みです。
 なお隣りは、武家屋敷で唯一一般公開されている旧鈴木家の「春蘭亭」ですが、こちらは全面改築の真っ最中でした。

IMG_0451.jpg
IMG_0453.jpg

そして話は前後しますが、この日の昼食は登米と言えば「うなぎの東海亭」、こちらは北上川のほとりにあり、この堤防も「おかえりモネ」の撮影場所となりました。

IMG_0399.jpg
IMG_0403.jpg

コメント

非公開コメント