fc2ブログ
2021/09/11

湯めぐり旅情「東鳴子温泉と鳴子御殿湯駅」

今回の旅の東鳴子温泉は、鳴子温泉と川渡温泉の中間に位置する田園風景の中にあります。
 最寄り駅は陸羽東線の「鳴子御殿湯駅」で、古くは伊達藩主などの御殿湯があった由緒正しい湯治場だったと言われております。
 お隣りの賑やかな「鳴子温泉」とは対照的に、湯治場の風情を色濃く残すこじんまりとした温泉街は、「川渡温泉」の風景とよく似ております。
 温泉宿のほとんどが自炊客を受け入れていることもあり、長期滞在の湯治客が多い静かな温泉地です。 「さて、それでは駅の風景からスタートです」

IMG_9565.jpg
IMG_9621.jpg
IMG_9555_202109090940160ed.jpg
IMG_9626_2021090909401705c.jpg
IMG_9627.jpg

さてさて、駅舎に戻りぐるりと建物内部を見渡すと、そこは小さな温泉街のアート館です。

IMG_9546_202109090940201e1.jpg
IMG_9549.jpg
IMG_9551.jpg
IMG_9559.jpg

それでは駅舎を出て、今夜の湯宿へ!!、現在10軒あるお宿の殆どは徒歩10分程度の可愛らしい温泉街です。

IMG_9556_20210909094026fb4.jpg
IMG_9635_20210909094028823.jpg
IMG_9524_20210909094029649.jpg
IMG_9643.jpg

お宿に友を残し一人車で仙台に戻ったので、彼はこの逆コースで仙台に戻ったんですよネ~!!
想定外の出来事とは言え、申し訳ございませんでした!!

コメント

非公開コメント