FC2ブログ
2018/02/08

今季の冬鳥「クサシギ(草鴫)」









この日は久しぶりに沿岸部に足を伸ばしましたが、お目当ての子には
会えず、風も強くなったため早々に退却でした。
 唯一被写体になってくれたのは、イソシギに似た子で、翼の付け根
に食い込む白色部のない「クサシギ(草鴫)」でした。
 自宅のPCで拡大して見ると、顔から胸にかけては黒褐色の縦斑が
あり、上面の白斑は明らかにイソシギと異なります。

【「クサシギ(草鴫)」の習性】
旅鳥または冬鳥として全国に渡来しますが数が少なく、単独か数羽で
いることが多いようです。
 水田や川岸、湿地などの草の生えた場所を好み、この日出会ったの
もヨシ原の湿地帯でした。

コメント

非公開コメント