fc2ブログ
2021/07/17

仙台歴史さんぽ「愛宕山横穴墓群」

前回ご覧いただいた「仙台愛宕下発電所跡」(一枚目の写真)のすぐお隣には、「愛宕山横穴墓群」として30数基の横穴墓が確認されています。
 仙台平野では6世紀末から居住域が形成されると、7世紀初頭より横穴墓群の造営が始まり、7世紀中頃から後半にかけてピークを迎えたようです。
 そしてこの頃、南東1.5Kmに位置する「郡山遺跡」では、陸奥国府が置かれた多賀城創建以前の官衙(役所)・寺院跡が見つかっており、その人たちが埋葬されたものと思われます。

IMG_8721_20210713203522181.jpg
IMG_8617_20210713203524987.jpg
IMG_8620.jpg

1,200年以上の年月を越えて、隣り合わせにある歴史建造物というのが興味深く、発電所跡の下見の際にこちらも一回りしてみました。

IMG_8621_2021071320352716f.jpg
IMG_8633_20210713203528727.jpg
IMG_8634.jpg
IMG_8637.jpg
IMG_8638.jpg

そして発電所跡見学の際は、導水トンネルの中から広瀬川河岸に空いた横穴を見ましたが、それが古代の人々が眺めていた景色でしょうか!? 「おしまい」

IMG_8796_20210713203534c80.jpg


コメント

非公開コメント