FC2ブログ
2020/06/18

珠玉の湯宿「川渡温泉“藤島旅館”、第一話」

オイラが愛する川渡温泉“藤島旅館”には、これまで未体験のゾーンがあり、今回の記事はそんなお話しになります。
 こちらのお宿は一泊二食で、お部屋のタイプ別にA・B・Cの3タイプがあり、今回は年寄り三名のプチ湯治のため、一番大きな部屋「紅葉之間」で予約を入れました。

【Aタイプ、一泊二食12,000円(税別)「紅葉之間」】
いつもはCタイプ8,000円(税別)の部屋ですが、今回は友人の快気祝いも兼ねており、お茶室にも使われる「紅葉之間」としました。
 さて、正面玄関を入り別棟のスペースに進むと、ここからが未体験ゾーンで、廊下を左に折れ右に折れると、洗面を挟んで廊下の左右に各一室と言う贅沢な造りです。

IMG_2624.jpg
IMG_2626.jpg
IMG_2645_20200617161119023.jpg
IMG_2611_202006171611200f8.jpg
IMG_2615.jpg

のんびり過ごした翌日の朝風呂は「大浴場」ですが、前日あんなに賑やかだった浴室も、日帰り入浴客のいない早朝は貸切状態でした。

IMG_2697_20200617161123186.jpg
IMG_2704_20200617161125f17.jpg
IMG_2710.jpg

朝湯の後は、お宿自慢の2,000坪の自然庭園で火照りを冷ましますが、正面の建物が昨晩の仮住まい、チェックアウト11:00にはまだまだ時間があります。

IMG_2737_202006171611280d5.jpg
IMG_2744_20200617161129907.jpg

コメント

非公開コメント