FC2ブログ
2020/06/15

生きもの讃歌「抱卵中のコアジサシ(小鯵刺)」

鳥さんたちは何処へ行っても子育ての真っ最中、沿岸部でも「抱卵中のコアジサシ(小鯵刺)」の姿が確認できるようになりました。
 ご覧のような大きな頭に大きな目、トレードマークの白い額、でも橙黄色の足は短く、歩く姿はヨチヨチ歩きのお子ちゃまのようにユーモラスです。

IMG_2528.jpg
IMG_2535_20200611134858ee7.jpg
IMG_2543.jpg

飛んでいる姿はスマートで着地点を見届けますが、この子たちは巣から離れた所に下りてきて、やや蛇行気味に巣に戻ってきます。 「右よし、左よし、安全確認よ~し!!」

IMG_2794.jpg
IMG_2744_20200611134903901.jpg
IMG_2754.jpg
IMG_2757_20200611134906f6e.jpg
IMG_2770.jpg

去年の繁殖地の子育ては、大潮で多くの卵やヒナ鳥たちが流され、テトラポット付近の子だけが辛うじて生き残ったようですが、今季は多くの子たちが育って欲しいものです。

コメント

非公開コメント

こんばんは。

飛んでる姿はカッコいいのに^^
愛嬌がありますね。
巣を作らず砂浜にですか?
まぁ小石と見間違えてしまいますが眼のいい鳥たちに狙われないのかしら?
無事育って孵って欲しいですね。
孵化したらどうするんだろ?

「nadeshikobuta」さんへの返信

nadeshikobutaさん、こんばんわ
それがまた、卵と同じように砂浜に同化するんですよネ~!!

営巣撮影は止めましょう。

まして卵を載せる必要はありませんよね?
1人が載せたら他の方も載せ始めます。
お許しくださいなんて言って済む問題では
無いと思いますが。
本当に鳥が好きならやめて下さい。

撮影による営巣放棄が問題になって居る事も
ご存知ですよね?止めましょう。

「red card」さんへの返信

red cardさん、ご忠告ありがとうございます
つい嬉しくて掲載してしまいましたが、写真は極力カットいたしました。