FC2ブログ
2020/05/31

初夏の大沼「オオヨシキリ(大葦切)の囀り」

夏鳥として九州以北に渡来し、川岸や河口、海岸線、湖沼などのアシ原に暮らす「オオヨシキリ(大葦切)」ですが、ここ大沼でも一気に賑やかになりました。
 ギョギョシ、ギョギョシと聞こえる囀りは独特で、この鳴き声を聞くと仙台にも初夏の訪れを感じます。

IMG_5183.jpg
IMG_5184.jpg
IMG_5245.jpg
IMG_5246.jpg
IMG_5279.jpg
IMG_5280.jpg

この日は「オオヨシキリ(大葦切)」を追いかけていると、突然目の前から「ヨシゴイ(葦五位)」が飛び出してきましたが、ご覧の通りの証拠写真に終わりました。
 水田への水の供給が終わり、沼の水位がもう少し低くなり、かつヨシなどの茎や葉が伸びる
まで、撮影のチャンスはしばしお預けです。

IMG_5534.jpg
IMG_5535.jpg

コメント

非公開コメント

オオヨシキリ

おはようございます。
何年も鳴き声を聞いていても動かないと姿を探せず・・・今年やっと橋の欄干から撮ることが出来ました(*^-^*) でも、大きく口を開けて囀る姿も撮ってみたい^^
頭が逆立ってるのは囀ってるから?それとも幼鳥だから?

「nadeshikobuta」さんへの返信

nadeshikobutaさん、こんにちわ
とにかく根性を入れて鳴く子なので、頭の毛は力が入っているせいかも知れません。