FC2ブログ
2018/04/10

桜散る「シジュウカラ(四十雀)の春」









先週末は、5日に満開宣言となった桜に野の鳥を絡めたくて、青葉山公園
を一回りしました。
 平凡な子ですが、シジュウカラとヤマガラはお付き合いをしてくれますが、
何せ高い木の上ばかりです。
 ほぼ諦めかけて東屋で一休みしていると、目の前の小さな枝垂れ桜で、
二羽の「シジュウカラ(四十雀)」が遊んでくれました。

【森山直太朗:さくら(独唱)、歌詞】
   僕らはきっと待ってる 君と会える日々を
   さくら並木の道の上で 手を振り叫ぶよ
   どんなに苦しい時も 君は笑っているから
   挫けそうになりかけても 頑張れる気がしたよ

   霞みゆく景色の中に あの日の唄が聴こえる

   さくら さくら 今、咲きほこる
   刹那に散りゆく運命と知って
   さらば友よ 旅立ちの刻 変わらないその想いを 今

今回は、「感傷オヤジ」に付き合ってくれて、ありがとネ~!!

感傷ついでに、2年前の桜散るは仙台リス歩き、「おチビのお花見編」でした。
https://rdsig.yahoo.co.jp/blog/article/titlelink/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9ibG9ncy55YWhvby5jby5qcC9oaXRvdW5pbWVndW1hcmUvMzU5NzY5NzAuaHRtbA--

コメント

非公開コメント