FC2ブログ
2019/12/13

今季の冬鳥「個性的な顔のトモエガモ(巴鴨)」

今日から三回シリーズでお届けするのは、今、Myフィールド「大沼」で見られる、冬の渡りの水鳥たちになります。
 最初に登場するのは「トモエガモ(巴鴨)」で、その顔が黄白色・黒色・緑色からなり、顔の模様を「巴の文字」に例えたことから名付けられました。
 今の大沼には、2,000羽以上のカモ類たちが暮らしておりますが、ある専門家の方に言わせれば、そのうち60羽程度が「トモエガモ(巴鴨)」だそうです。

IMG_6866.jpg
IMG_6871_20191212084616b46.jpg
IMG_6872.jpg
IMG_6908.jpg

翌日もお天気が良く、二日連続の「大沼通い」でしたが、この日は風向きが更に良かったのか、いつも沼の中央部にいる子が、少しづつ岸に近づいてくれました。

IMG_8468.jpg
IMG_8517.jpg
IMG_8520.jpg
IMG_8768.jpg
IMG_8772_20191212084627028.jpg
IMG_8793_201912120846280fc.jpg

コメント

非公開コメント

すごいなあ

近づいてきたトモエガモのくっきりとした写り!!
僕は、このカモを見たことがありませんが、たしかコガモが似ているような…
目を皿にして毎日高原川を散策しています
僕の縄張りには、ようやくカルガモ、マガモ、カワイサが現れたところです
と言ってもこの先、えーと…オシドリ来てくれるかな

「ttcboss」さんへの返信

ttcbossさん、こんにちわ
私もトリミングが専門で、こんなクリアーな画像は初めてでした。
大きさて言うと、コガモと同じくらいの小さなカモです。