FC2ブログ
2019/11/06

立ち寄り湯「離れ湯 百八歩 蔵王四季のホテル」

二日目の立ち寄り第二湯は、こちらも未体験の「離れ湯 百八歩 蔵王四季のホテル」でした。
 温泉バカが未体験というのは、従来このホテルの大浴場は「弱アルカリ性ミネラル泉」という聞いたこともない泉質で、そこに乳白色の硫黄泉の浴室が出来たからでした。
 こちらは九州の「旅行人山荘」や「南洲館」のように、ホテル敷地内に「離れ湯 百八歩」が出来たと理解していましたが、着いてみれば敷地外にある箱モノでした。
 昼食までには時間があるので立ち寄りましたが、「すのこの湯」の後だけにインパクトの弱い浴室でした。 (入浴料880円)

IMG_4687.jpg
IMG_4680.jpg
IMG_4694.jpg
IMG_4698_2019110413331175f.jpg
IMG_4703.jpg
IMG_4704.jpg
IMG_4706.jpg

湯上り後に眺めた、お隣の敷地の紅葉がキレイでしたが、我々には尻切れトンボの湯でした。
でも、東北の温泉は古湯といわれるほど悪戦苦闘で、みなそれぞれが頑張っております!!

IMG_4682.jpg

コメント

非公開コメント

おはようございます!(^^)!

温泉三昧の連休!
一年の疲れを洗い流したのではありませんか!(^^)!
”インパクトのない浴室”などもあったようですが蔵王の紅葉にも出会い殿方3人の楽しい旅でしたね!(^^)!

「ななちゃん7755」さんへの返信

ななちゃん7755さん、おはようございます
ホテルの思惑は、日帰り入浴客も当て込んでのことでしょうが、ホテルの宿泊客には「あれ~!!」と言うことなりそうです。
夜にホテルの敷地を抜けての入浴では、外湯めぐりと同じで、宿泊客には当てが外れた造りかもしれません。