FC2ブログ
2019/09/12

花と蝶「ハマニガナとヒメアカタテハ」

蒲生干潟の鳥さんシリーズ、実は最初の被写体は、「ハマニガナとヒメアカタテハ」でした!!
 「ハマニガナ(浜苦菜)」は、海岸の波打ち際に近い砂浜に生育し、花期は4~10月と息の長い植物で、蝶たちにとっては貴重な蜜の素です。
 キク科ニガナ属の多年草で、別名は「ハマイチョウ(浜銀杏)」とか、葉は厚く長い葉柄があり、キクのような形が多いのですが、イチョウの葉には見えなくもありません。

IMG_8031.jpg
IMG_8039.jpg
IMG_8058.jpg
IMG_8061.jpg
IMG_8115.jpg
IMG_8121.jpg
IMG_8141.jpg
IMG_8143.jpg

コメント

非公開コメント

お久しぶりです

ヒメアカタテハ撮られていますね。
そんな北にもいるのですか。
こちら南国四国でも、先日撮りました。

「コサギ」さんへの返信

コサギさん、こんばんわ
ハマニガナはしぶとい植物で、何度も花を咲かせますので、こんな出会いも楽しいものです。