FC2ブログ
2019/08/29

今日の名湯「大沢温泉“湯治屋”の今風湯治」

ここ大沢温泉の定宿と言えば「菊水館」でしたが、現在は休館中ということで、今回は久しぶりの「湯治屋」に二泊三日のプチ湯治となりました。
 こちらは宮沢賢治ゆかりの自炊部で、この素朴な社交場が一番という熱烈ファンも多く、食事処の隣の方は石川県の能登半島からお越しのご夫婦、そして、正面玄関に止めていた大型バイクは九州の「大分ナンバー」でした!!

IMG_3100.jpg
IMG_3308.jpg
IMG_3110.jpg
IMG_3173.jpg

私の場合は二泊三日の朝夕共、お食事処「やはぎ」のお世話になりましたが、本格的な自炊湯治をされる皆さんには「共同炊事場」も完備です。
 今回の大露天風呂「大沢の湯」は、泊まらなければ撮れない静かな夕景を添付します。

IMG_3175.jpg
IMG_3177.jpg
IMG_3230.jpg
IMG_3238.jpg

温泉宿の寝起きは早く、部屋から眺めた向かいの白い建物の一階にある、湯治屋の大浴場「薬師の湯」の朝風呂もステキで、浴室内のレトロ感が何とも言えません。

IMG_3414.jpg
IMG_3419.jpg
IMG_3408.jpg
IMG_3435.jpg

【ご参考までに、飲んで食べて二泊三日の料金は】
部屋代・寝具一式6,902円、食事処の飲食代8,001円、売店での缶ビール・おつまみなど2,048円、〆て17,311円也。
 全体に占めるアルコール代金5,408円は、ちょっと飲み過ぎだったかもネ!!

コメント

非公開コメント

夕景いいなあ

2泊3日ですか!!
ゆったりと過ごされたんですね
僕はそんに呑みませんから、もすこし安くなります(うそ)


「ttcboss」さんへの返信

ttcbossさん、こんばんわ
温泉バカの世界が、久しぶりに帰ってきました。
こんなのんびりした世界が大好物で、三部作でお話は続きます。

食べました

大沢温泉懐かしいです~
写真を見返してみると、私もやはぎで夕食していました。
露天風呂が良かったです。ここは泊まってみたかったですねぇ。

なんとも趣きがある温泉郷ですね

湯治は経験ないなぁ。
玉川温泉の新館にとまり、旧館の湯治場を覗いたことがあるだけ・・・・

「taka(みちのく)」さんへの返信

taka(みちのく)さん、こんばんわ
東北にはまだまだ湯治文化は健在で、このお宿も「湯治屋」の収容人数が最大です。

「hanagon」さんへの返信

hanagonさん、こんばんわ
大沢温泉も夏油温泉も、二年に一度は訪れている趣のある湯宿です。