FC2ブログ
2019/07/05

今季の夏鳥「コアジサシ(小鯵刺)」(前編)

今年も沿岸部には「コアジサシ(小鯵刺)」の季節が到来し、我々鳥撮りたちの目を楽しませてくれるようになりました。
 アジサシに比べて二割ほど小さく、白い額と橙黄色の足が特徴で、コロニーをつくって集団繁殖し、外敵が近づくと共同して巣やひな鳥を防衛します。

IMG_5125.jpg
IMG_5127.jpg
IMG_5539.jpg
IMG_5540.jpg
IMG_5541.jpg

こちらは海岸で、求愛給餌を行っていたシーンですが、これで何とかカップル成立か、単なる「食い逃げ」か、はたまた子育て中のヒナ鳥へのテイクアウトかな!!

IMG_6381.jpg
IMG_6382_20190703202537344.jpg
IMG_6383.jpg
IMG_6384.jpg

コメント

非公開コメント

ご無沙汰してます

ヤフーと違って更新のお知らせもなく
やり難いですね
まだ今シーズンはコアジサシ見てないおやじです

「おやじ」さんへの返信

おやじさん、こんばんわ
こちらは暇人、のんびりボチボチと続けております。

コチドリは小さくなかった

富山市のブロ友さんが安田城跡へ誘って下さいました
ここは、睡蓮や蓮が目当てのところで、おじさんやおばさんが数人デカイカメラを担いだり覗いたりしている姿がありました
ブロ友さんは、僕と同様コンデジです
ブロ友さんのお目当てはコチドリ親子でした
先日ここでコチドリが盛んに鳴いて牽制するので巣を発見し、それを僕にも見させてくださったのです
ところで僕は、コチドリとはヒヨコのように小柄だと思っていたのですが、ウズラほどに大きく見えました

「ttcboss」さんへの返信

ttcbossさん、おはようございます
そうなんです、他のチドリたちよりやや小さいですが、全長16cmとスズメより大きいんですよね。

私の今日の記事はシロチドリ、全長17.5cmとさらに大きくなります。