FC2ブログ
2018/05/12

立ち寄り湯「滝沢温泉“民宿 松の湯”」





早戸温泉の次は、金山町の「湯倉温泉共同浴場」を目指しますが、入口
には悲しい張り紙が!、ポンプ故障のため休業中とのことでした。
 ならば、「大塩温泉共同浴場」はこの日の宿泊地なので通り越し、金山
の西のはずれ、温泉通には有名な「滝沢温泉“民宿 松の湯”」です。

   1、 雑然とした佇まいは「松の湯ワールド」

   2、 民宿の玄関前は、何だこりゃの世界が

   3、 浴室の窓の外が、有名な源泉井戸です

   4、 集落の共同浴場的な源泉かけ流しの湯
      (ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉、泉温52.2℃)

以前は共同浴場もあったようですが、今はここ一軒の温泉で、温泉バカ
にはステキな光景も、旅のお仲間にはイマイチでした。

【「滝沢温泉“民宿 松の湯”」の思い出】
8年ほど前ここを初めて訪れた際、入浴料100円には驚かされましたが
それには意味があり、300円にしても税金で150円も取られれば同じと
の言葉に納得でした。
 入浴料は今も同じで、建設業、古物商、民宿を営むご主人の世界では、
敷地の「松の湯ワールド」も重ねて納得でした。

コメント

非公開コメント