FC2ブログ
2019/04/16

花と蝶「キブシとテングチョウ」

先に太白山自然観察の森の紹介をしましたが、佐保山林道を歩くと、今目立つのは「キブシの花」で、淡い黄色の花が蝶たちを引き寄せています。
 最初の子は「テングチョウ(天狗蝶)」ですが、成虫の前翅長は20~30mm程の小ささで、頭部の触角の内部に前方に伸びる突起があり、これが天狗の鼻のように見えることから
この和名があります。
 低山地の雑木林に多く、よく飛び回りますが、すぐに地面にとまりますので、花で吸蜜するチャンスを狙います。 この子も成虫のまま越冬し、3~5月の早春から姿を見せる子です。

IMG_6069.jpg
IMG_6075.jpg
IMG_6087.jpg
IMG_6058.jpg
IMG_6059.jpg
IMG_6193.jpg


コメント

非公開コメント

No title

テングチョウ初めて知りました。
会う機会があるといいな・・・

No title

おはようございます。
今季はまだ、テングチョウは見てないです。

No title

おはようございます。

これは、未見の蝶さんです!!

蝶の世界もいいですね!!

「nadeshikobuta」さんへの返信

nadeshikobutaさん、こんにちわ
青葉山公園にはセンダイムシクイとオオルリが出現し、いよいよ夏鳥の世界です。

この蝶も、もうすぐ姿を消します。

「ヒデッチ☆彡」さんへの返信

ヒデッチ☆彡さん、こんにちわ
こちらでは3~5月に姿を見せる、期間限定の蝶です。

「Soccer-Boy」さんへの返信

Soccer-Boyさん、こんにちわ
鳥撮りに滑った際の、力強い味方になりますね。