FC2ブログ
2018/05/26

今季の夏鳥「クロツグミ(黒鶫)」











今季ご縁の薄かったのが「クロツグミ(黒鶫)」ですが、この日は珍しく
散策路の頭上で、キレイな声で鳴いています。
 その声は高い木の上なので、しばらく聞き惚れていると、突然木道
の上に現れました。
 鳥撮りとは面白いもので、あれだけ追いかけても撮れなかった子が、
忍び足のオヤジを意識しながらも、長い間被写体になってくれました。

【「クロツグミ(黒鶫)」の特徴】
全長21.5cm、黒い頭部から胸にかけてと上面、そして黒い三角斑
のある白いお腹、黄色いくちばしとアイリングがオスの特徴です。
 主に夏鳥として渡来し、低地や平地の林で繁殖しますが、西日本で
は越冬する子もいるようです。
 美しい大きな声で、「キョロキョロ、キョコキョコ、キャラキャラ、ツリー」
などと囀り、鳴くのはオスですが、その歌唱力から森のプリマドンナと
呼ばれております。

嬉しくなって500枚も撮っており、旅の留守中も登場させようかと!!

コメント

非公開コメント