FC2ブログ
2010/05/27

今日の名湯「宮城・作並温泉“一の坊”」②



昨日の続きとなりますが、大浴場「丸子(まりこ)の湯」もご紹介しておきます。
 源流露天風呂は他に1名でしたが、内湯の方は2名いましたので、
その方々にカメラを向けないように!、というよりも広すぎて全体は入りません。
浴室も浴槽も、そして更衣室も、実にゆったり造られております。

【日帰り入浴、おすすめのポイント】
こちらは一般1,500円、会員1,200円とちょっとお高いですが、
①、入浴時間は10:00から22:00まで、実に半日も可
  (お暇な単身赴任者“仙チョン族”に特におすすめ!)
②、専用ロッカールームで浴衣に着替え、終日館内をブラブラ散歩
③、食事処とは別に、地下2階の湯あがり茶屋「大根茶屋」はおすすめ
  (平日は15:00から、土日祝日は12:00から)
④、あちこちにお休み処もあり、マッサージ器・バスタオルはタダです
あなたも!単行本を一冊持って、「一の坊」を訪れてみませんか!

【“丸子(まりこ)の湯”のいわれ】 (看板より抜粋)
作並温泉のある旧宮城町一帯は昔、丸子と称されました。
丸子は丸子部の姓氏から出たものと考えられ、丸子部は
出雲神族に属し、温泉の神の祖ともされる出雲大社と、
作並温泉がここで結びつくのは興味ある説とされています。
(つづく)

何となく、ありがた~い話ですが、何せ温泉ならではのお話です。
真偽のほどは、保証致しかねます!!

コメント

非公開コメント