FC2ブログ
2010/06/14

自然観察「仙台のブナ林・春の自然観察会」②



昨日は、「仙台のブナ林と水・自然を守る会」の春の自然観察会でした。
 前回3/22は、雪の残る泉ヶ岳の早春のブナ林でしたが、今回は大倉川の源流部、
定義如来の駐車場で合流し、そこから車に分乗して定義林道を約1時間上り、
そこから山道を歩くこと更に1時間の、地塘をめぐるコース企画でした。
 パート2は、“地塘”に到着してからの幾つかのエピソードをご紹介して、
春の観察会を〆たいと思います。

【地塘の春景色】
ご紹介する二枚の写真がそうですが、一時間程の山歩き、最後は多少の藪こぎをして、
見えてきました!大倉川源流部の“地塘”です。
更に登ると、“猩々池(しょうじょういけ)”がありますが、今回の行程はここまでです。
 今は“バイカモ”が繁茂し、静かな水面に小さな白い花を咲かせておりました。
でも、250mmまでアップさせて撮ったもので、肉眼では殆ど白い花は見えません。

【モリアオガエルの産卵】
上の写真の木に“モリアオガエル”の卵塊があり、枝が垂れている姿を想像していましたが、
残念ながら少し早かったようです。
 でも、こればかりは大自然のご都合があって、致し方ありませんよね。
また、5月の下見で見つけておいたという、腐生植物の「ショウキラン」や「ギョリンソウ」も
見つけることが出来ませんでした。

今回の参加者は18名と小規模でしたが、別働隊によって山菜の天ぷらと根曲がり竹の
みそ汁も用意されており、和気あいあいの昼食タイムでした。(旨かった!!)

コメント

非公開コメント