FC2ブログ
2010/06/19

今日の名湯「宮城・作並温泉“岩松旅館”」



以前、同じ作並温泉“一の坊”を掲載しましたが、その時から気になっていたのが、
こちら「元湯 鷹泉閣 岩松旅館」の紹介でした。
 開湯は寛政八年(1796年)と温泉街では一番歴史が古く、こちらの旅館も一の坊
同様、作並温泉に来たら“ここ”という熱烈ファンが大勢おります。
①でご紹介した、東京から見えた仙台育ちの79歳の男性もその一人でした。

【開放的な空間設計の大浴場】
こちらの目的は果たしましたので、次に覗いたのが大浴場“不二の湯”でした。
 殿方用・ご婦人用、どちらも同じ名前で、開放的な空間づくりが自慢の浴室ですが、
洗い場が20個ある浴場にお客はただ一人、お断りをして急ぎ撮影タイムでした。
 とにかく窓のスペースが大きいので実に開放的、しかもお湯は源泉かけ流しで
ジャブジャブ溢れ、何もない贅沢な空間とはこのことです。

【何もせず居ながらの森林浴】
浴室内もそうでしたが、着替えのスペースにも気が配られており、ここはしばらく
“ボォ~ッ!”としていた、湯あがりの涼み場所です。
 広瀬川から流れてくる風もここちよく、目に飛び込んでくるのは木々の緑!!
天然岩風呂・大浴場・休憩スペース、すべてが居ながらにして森林浴でした。
泊まった記憶はすでに消えていますが、部屋も同じような風景だったことでしょう。

コメント

非公開コメント