FC2ブログ
2010/06/19

奥武士日誌「ヤママユ(山繭)の羽化」



今日は週末の里山暮らしですが、お山の大将Iさんから集合の号令が週末にかかり、
10:00には全員集合というか、私がブ―ビ―でした。
 今日のお仕事は、「ムラサキシメジ」の菌床づくりのための、事前の落ち葉拾い
でしたが、人数が揃うとアッ!と言う間に完了です。
 でも、こんな時にはご褒美がありますが、今日は「ヤママユ(山繭)の羽化」という、
珍しいシーンも見させてもらいました。

【オオミズアオ(大水青)という野の蚕】
ヤママユガ科の一種で、翅を開いた時の左右幅は10㎝前後とけっこう大きく、
青白色の何とも優雅な蛾です。
 幼虫は、梅・桜・楓などの木の葉を食べるようなので、この周りにはすべて揃っており、
近くで蛹の状態で越冬し、今日やっとその姿を現したのでしょうネ!!
 実は子どもの頃、動物的(本能的)に蝶と蛾を見分けてしまい、
この種の子たちには、大変辛い思いをさせてしまいました。 

【オオミズアオ(大水青)の羽化シーン】
さてさて、最初に見つけたのが11:00少し前ですが、時間を追って並べてみますと、
  上の写真、11:14
  下の写真、13:40
最後は翅もだいぶ乾いており、この子たちらしい雰囲気が漂っております。
 出来れば、目の前の蜘蛛の糸やごみも綺麗にすればよかったと思うのですが、
撮っている最中は、逃げたらどうしよう!とつい慎重になります。

コメント

非公開コメント