FC2ブログ
2010/06/27

今日の秘湯「岩手・藤七温泉“彩雲荘”」①



今日は、標高1,400m東日本の最高所に湧く、山好き・温泉好きのための秘湯中の秘湯、
ここ藤七温泉“彩雲荘”を紹介いたしましょう。
 6/26~27、地元のUa社山岳愛好会のお誘いで、「展望の黒姫山と花の八幡平」へ!!
只今、我が家に戻ってきて、現在外は雨ですが最高のコンディションに恵まれました。

【藤七温泉の誕生の歴史】
岩手県と秋田県を分ける見返り峠から、松川温泉方面に多少下ったところに、私たち
山好きが愛する秘湯、藤七温泉“彩雲荘”があります。
 ここは、松尾鉱山で働いていた先代が発見し、1931年(昭和6年)に山好きのため開業
したという、純粋な登山者のためのお宿です。
 素朴な風情は今も変わりませんが、玄関の軒先には濃霧の際に場所を知らせたという鐘が、
往時の名残を伝えております。 上の写真、雪渓の上にある小さな建物です!!

【いゃ~!6つしかねんダ~!】
このお宿は、何時以来の訪問でしょうか。 思いだせないほど昔のことになりましたが、
今回の山歩き後のお風呂がこちらの温泉でした。
 正面玄関を入って左側には、岩手山を望む名物の男女別露天風呂!!
でも、今日は曇天なので、右側の混浴露天風呂も絶品でしたよね。
 せっせと、作業中のおっちゃんに「こちらの湯船は、いくつだったっけ?」、
これに対する答えが冒頭の言葉でした。
すべて足元湯、お尻の下からブクブクとお湯が湧いてきて、実に嬉しくなりますネ!!

コメント

非公開コメント