FC2ブログ
2010/09/27

仙台のブナ林と水・自然を守る会“秋の観察会”



私が所属している、標記団体の“秋の観察会”が、来月10月24日(日)、定義駐車場
に9:00集合で開催されます。(詳細はHPをご参照ください)
 この会では毎年、早春・春・秋の季節に合わせ、年三回の観察会を行っております。
そして、その日のハイライトでは、「ここが仙台市青葉区なの?」と一様に驚かれます。
上の写真の2コマは、昨年10月26日開催の“秋の観察会”の模様です。

【意外と知られていない定義の紅葉】
ここは定義駐車場の前にある、大倉川に架かる橋から下流部を撮影したものですが、
どうですか(?)この美しい姿、仙台には紅葉の穴場は沢山ありますネ!!
 ご参加の皆さんが集合するまで、あちこち散策をした際、ちょうど朝日が差し込んだ
渓谷美を楽しむことができました。

【意外と知られていない森林軌道跡】
ブナ林の紅葉を眺める前に現れる、森林軌道の建造物の一部を前にして、メンバーが
解説をしておりますが、昔々の生活の面影がこんな山奥にも残っております。
 会の観察会では、説明を聞くだけでなく、できるだけ皆さん自身が体感できるように
心がけておりますが、更に秋の出し物は“天然のキノコ汁”です。
 あとは、参加者の腕次第で、“お持ち帰り”も期待できますよ。去年一番キレイだった
きのこは“ムラサキシメジ”でした。

 

コメント

非公開コメント