FC2ブログ
2010/09/29

今日の名湯「福島・高湯温泉“ひげの家”」①



来月の10月は珍しく行事が多く、春・秋の年二回の家族旅行は、約一ヶ月前倒しにして、
28~29日、お隣り福島の高湯温泉“ひげの家”で過ごしました。
 温泉好きの人ならご存知の方も多いでしょうが、この温泉街は今年6月1日、日本では
数少ない“源泉かけ流し宣言”をした温泉街です。
 もちろん、ひとつの温泉旅館・ホテルが独自に宣言する例は多いですが、高湯のように
すべての施設が足並みを揃えられたのは、①に小川沿いの自墳の湯、②に豊富な湯量、
そして③源泉温度48℃前後と、三拍子そろった源泉だから出来ることでした。

【変わったもの、変わらないもの】①
このお宿は最近日帰り入浴を受け付けておらず、またメイン道路から少し外れているため、
何か少しづつ変わっているな!と思いながら、今まで素通りしておりました。
 小雨の中出迎えてくれた玄関・ロビーは昔を思い出さないほど変わっておりました。
変わらないものは、源泉かけ流しの“白濁湯”と小川を望むロケーション、そして
風呂場に向かう壁には創業者の「ひげさん」の写真もご健在でした。

【変わったもの、変わらないもの】②
施設は8年前に大幅に改築されており、すべての浴室もご覧の通りキレイなものです。
 でも、毎日メニューが変わるという手間をかけたお料理は、まったく以前のままで、
経営者の心意気が伝わってきます。
これだけのもてなしが、一人13,000円で本当に良いのか(?)と思ってしまいます。

明日は、すご~く変わっていた男女別露天風呂と貸切露天“星見風呂”をご紹介して、
“ひげの湯”編を終わりたいと思います。

コメント

非公開コメント