FC2ブログ
2010/11/03

今年の冬鳥「おおはくちょう」2態



今日は今年5月以降、だいぶご無沙汰の「野鳥の会の探鳥会」に出かけました。
 仙台市泉区の“水の森公園探鳥会”で、キャンプ場の駐車場には7時半過ぎに
到着しましたが、突然小雨がぱらつき始め、傘をさしての早朝散歩でした。
 8時に担当の末永さんが見えられた時、私たちの頭上を「おおはくちょう」二羽が
飛んで行きましたが、丸田沢堤のたまり場に四羽!居付いたそうです。

【8:00、探鳥会の開始直前】
早速、水鳥たちのたまり場に行くと、「おおはくちょう」が二羽いて嬉しくなりましたが、
あらあら奥の方に移動を始めました。
 やむを得ず、そこにいた水鳥たちと遊んでいると、しばらくして戻ってきたのが
上の写真で、下の一羽は羽を広げてポーズまでとってくれました。
大きな白鳥は、見ているだけで心が安らぐ、最高級の鎮静剤のようですね。

【9:00、探鳥会の観察開始】
担当さんとの話では10名も集まればと言う事でしたが、最終28名の参加者となり、
まずは丸田沢堤の堤防の上から観察が始まりました。
 私は、事前に偵察しておりましたが、「おおはくちょう」をはじめ北からの旅鳥は、
参加者全員の目を楽しませてくれました。
 このあと、予定のコースを約3時間かけて周りましたが、“鳥合せ”の数は31種、
猛禽類の「おおたか」「のすり」の姿も捉える事もできました。

今年の丸田沢堤への「おおはくちょう」の飛来は先月29日、人を恐れない子たち
ですが、みんなで優しく見守ってあげたいものです。

コメント

非公開コメント